太陽光の力を知る

太陽光発電の売電価格とは

太陽光発電の売電価格とは

最近はあまり珍しくなくなってきた太陽光発電ですが、自宅の電気を賄うだけでなく余剰電力を電力会社に売ることもできます。電力会社の電気の買い取り価格を売電価格といいます。
太陽光発電などの発電設備を使って得た電力は、固定価格買取制度によって定まっている単価と期間で買い取ってもらうことができます。
今年度の売電価格は31円/kwhで保証期間は10年間です。売電価格は、太陽光発電が普及し始めてきた2009年、2010年は48円/kwhでしたが、年々価格が下がって6年間で約10円ほど下がりました。
しかし、価格が下がったからと言って今から太陽光パネルを取り付けるのは損かというとそうではありません。
買い取り価格は下がりましたが、それと同時に太陽光パネルを家に取り付けるための費用も少しずつ減少してきて、現在は約200万円程度で自宅にソーラーパネルを設置することが可能ですので、採算は十分にとることができるでしょう。

太陽光発電の蓄電池

太陽光発電は、買取価格が下がっているとは言え、地球環境やエネルギー問題が叫ばれる昨今においては非常に人気のあるものとなっています。
また、太陽光発電を行って、自前で電気を使ったり、売ったりするだけでなく、蓄電池を使った充電にも人気が集まっています。
蓄電池は、設置にはそれなりのお金がかかりますが、補助金も出ますし、日中発電した電気を蓄電することで、夜間にも電力会社から購入する必要なく自前で使うことが出来ますので、電気代を抑えることに繋がります。地球環境にも優しく、家計にも優しい環境を作ることができるのです。
また、蓄電を行うことは、最近頻発している地震などの災害時にも非常に役立ちます。
家が倒壊などを起こしていなくても、電気が通っていなければ何もできませんが、発電した電気を蓄電することで昼間も夜間も電気製品を使うことが出来ますので、冷暖房器具や温かい飲物を確保できるという点で発電、蓄電システムは災害用のシステムということもできます。

recommend

時計をオーバーホールする

最終更新日:2018/5/11

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>